engineedユーザー利用規約

第1条(目的)

1. 本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社アンチパターン(以下「当社」といいます。)が提供するengineed(「https://engineed.io」において提供されるサービス)に関し、当社とユーザーとの合意内容をあらわし、全てのユーザーに画一的に適用することによって当社とユーザーとの関係を規律することを目的とします。

2. engineedは、ハイスペックエンジニア特化型のマッチングサービスを目的とするものです。ユーザーは、engineedの目的及び本規約に同意した上で、当社の提供するサービスを利用するものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、次のとおりです。

(1) 当社 株式会社アンチパターン

(2) 本サイト https://engineed.io

(3) 本サービス 本サイト上で提供される全てのサービス

(4) ユーザー 本サービスに関し、当社が提供するサービスの受領を希望し、個別に登録した者

(5) 個人情報 個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める「個人情報」

(6) 本契約 当社とユーザーとの間で成立する本サービス提供に係る利用契約

(7) 送信    投稿、アップロードその他の自動公衆送信又は送信可能化を含む電磁的方法による一切の送信行為

第3条(本規約の性質等)

1. ユーザーは、本サイトを利用するにあたり、本規約が民法548条の2に定める「定型約款」に該当すること及び本規約の定めが当社とユーザーとの間の契約の内容になることを承諾します。

2. ユーザーは、本規約に拘束されるものとし、本サービスの利用につき、本規約を遵守しなければなりません。

第4条(本規約の変更)

1. 当社は、ユーザーへ予告することなく、民法548条の4に基づき本規約の内容を変更することがあります。

2. 本規約の変更については、民法548条の4第2項に基づき、当社が本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を定めてユーザーへ当該変更を周知(当社のサーバー内の所定の箇所に変更の事実を表示した場合を含みます。)した後に、その効力発生時期から効力を生じるものとします。

第5条(個人情報の取扱い)

当社は、ユーザーの個人情報を、当社が別途定める「個人情報保護方針」に従って、適切に取得、利用、提供、管理します。

個人情報保護方針の詳細な内容につきましては、https://anti-pattern.co.jp/legal/ をご確認ください。

第6条(入退会)

1. 本サービスの利用希望者は、本利用規約の内容に同意した上で、当社所定の方法(https://engineed.io)により、入会の申込みを行うものとします。当社が入会の申込みを承諾した時点で、利用希望者は本サービスのユーザーとなります。

2. ユーザーは、当社所定の方法(https://forms.gle/T5AwvLFnQ5qTUCzk7)により退会することができます。

第7条(アカウント)

1. ユーザーは、1人につき1つのアカウントを保有することができます。1人が複数のアカウントを保有すること、複数人が1つのアカウントを共同して保有することはできません。ただし、当社が特別に認めた場合はこの限りではありません。

2. ユーザーは、いかなる場合においても、自ら保有するアカウントを第三者に譲渡又は貸与することはできません。

第8条(利用環境)

当社は、ユーザーの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。本サービスの利用にあたっては、ユーザーが自己の責任の下、利用環境を整備するものとします。

第9条(ユーザーの責任)

1. 前条に定める利用環境の整備のほか、ユーザーは、自己の費用と責任において本サービスを利用するものとします。

2. ユーザーは、本サービスの利用に際して当社に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用において当該損害を賠償する義務があることを承諾します。

3. ユーザーは、本サービスの利用に際して他のユーザー又は第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用において当該損害を賠償するものとし、かつ、当社が損害を被った他のユーザー又は第三者からの請求等により損害を被った場合には、その全ての損害を賠償する義務があることを承諾します。

4. ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用して送信したプログラム等の情報については当社に保存義務がないことを認識し、必要な情報については適宜バックアップをとるものとします。

第10条(技能のスコア化を目的とした試験の実施)

1. 当社は、ユーザーの技能をスコア化する目的で、試験を実施します。

2. 1回の試験は構成図試験による第1段階、実装試験による第2段階から構成されます。なお、第1段階において一定の基準を満たしたユーザーのみ第2段階を受験することができます。

3. 試験結果は当社の独自の基準をもとに採点します。採点結果は本サイトに掲載します。ただし、第2項おける基準に関しては非公開となります。

4. 当社の実施する試験において、第2段階に進まれた場合はその受験日を最終受験日とし、第2段階に進まれなかった場合には第1段階の受験日を最終受験日とします。

5. ユーザーは、前項に定める試験の最終受験日から起算して6ヶ月間、同一の試験を受験することができません。ただし、別カテゴリの試験を受けられる場合はこの限りではありません。

6. 第1項に定める試験の受験料は無償とします。

7. ユーザーは、第1項に定める試験の問題に回答するにあたり、以下の事項についてあらかじめ承諾します。

(1) 当社に対し、試験結果に関して一切の不服を申し立てることができないこと。

(2) 当社に対し、プログラムを送信することがあること。

(3) 前号に定める送信の対象となるプログラムは、自ら作成したプログラムその他第三者の権利が付着していないプログラムでなければならないこと。

8. ユーザーは、本サービスを利用してプログラムを送信(前項に定める試験への回答としてのプログラムの送信を含みます。)に際し、送信されたプログラムが著作権その他第三者のいかなる権利も侵害するものでないことを保証します。

第11条(知的財産権の帰属等)

1. 本サービスを利用して送信されたプログラムが新たに創作された「プログラムの著作物」と認められる場合、その著作権はプログラムを送信したユーザーに帰属するものと推定されます。ただし、当社が著作権の帰属について保証するものではありません。

2. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等についての一切の権利(著作権、商標権その他の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、ユーザー自身が作成したものを除き、当社又は当該権利を有する第三者に帰属します。

3. ユーザーが本サービスを利用して「プログラムの著作物」と認められるプログラムを送信した場合、当該ユーザーは、当社がそのプログラムを当社の宣伝広告等に利用することを無償で許諾するものとします。また、かかる当社のプログラムの利用に際して、当該ユーザーは著作者人格権を行使しないものとします。

第12条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

(1) 公序良俗に反する行為

(2) 法令に抵触する行為

(3) 正当な理由なく特定又は不特定の第三者に著しい不利益をもたらす行為

(4) 当社に対する虚偽情報の申告

(5) 当社に損害を及ぼす一切の行為

(6) 複数人によるアカウントの共有

(7) 当社の承諾を得ずに1人のユーザーが複数のアカウントを保有する行為

(8) 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他方法の如何にかかわらず本サービスの私的利用の範囲を超えて利用する行為

(9) 試験問題の漏えいその他本サービスの運営を妨げる一切の行為

(10) 当社の信用又は名誉を毀損する行為

(11) 本サービスを利用して、本サービスと同様のサービスや関連するサービスを第三者に提供し、又は本サービスその他当社が提供するサービスを再販売等する行為

(12) 当社(当社の役員、従業員を含みます。)に対する誹謗中傷、脅迫、強要その他当社の正常かつ円滑な業務に支障をきたす行為

(13) その他、当社が不適切と判断する行為

第13条(契約の解除等)

1. ユーザーが前条(禁止行為)の定めの1つにでも違反し、又は違反するおそれがあると当社が判断した場合には、当社は、当該ユーザーに対して何らの通知、催告及び何らの賠償をすることなく、当該ユーザーとの間で締結された本契約を直ちに解除することができるものとします。

2. 前項に定めるほか、ユーザーが本規約に違反したと当社が判断した場合には、当社は、当該ユーザーに対して何らの通知、催告及び何らの賠償をすることなく、当該ユーザーに対する本サービスの提供の全部若しくは一部を停止若しくは中断し、又は当該ユーザーの資格を喪失させることができるものとします。

3. 本条1項又は同2項により本契約が終了した場合といえども、当社は、当該ユーザーに対する損害賠償の請求を妨げられません。

4. 本条1項又は同2項に基づく当社の対応によりユーザーに損失が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。

第14条(反社会的勢力の排除)

1. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方に対し、自ら(業務を執行する役員、取締役、執行役又はこれらに準ずる役員を含みます。)が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団構成員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、準暴力団又は準暴力団構成員その他これらに類する者を意味します。以下同じです。)ではないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを保証します。

2. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方(業務を執行する役員、取締役、執行役又はこれらに準ずる役員を含みます。)が反社会的勢力等であることが判明した場合は、何らの催告又は通知等を要せず、本契約を解除することができるものとします。

3. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方(業務を執行する役員、取締役、執行役又はこれらに準ずる役員を含みます。)が反社会的勢力等と次の各号の一つにでも該当する関係を有することが判明した場合は、何らの催告又は通知等を要せず、本契約を解除することができるものとします。

(1) 反社会的勢力等によって経営を支配される関係

(2) 反社会的勢力等がその経営に実質的に関与している関係

(3) 自己又は第三者の不正の利益を図り、又は第三者に損害を与えるなど、反社会的勢力等を利用している関係

(4) 反社会的勢力等に対して資金を提供し、又は便宜を供与するなどの関係

(5) その他役員又は経営に実質的に関与している者と反社会的勢力等との間の社会的に非難されるべき関係

4. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方(業務を執行する役員、取締役、執行役又はこれらに準ずる役員を含みます。)が自ら又は第三者を利用して次の各号にでも該当する行為をした場合は、何らの催告を要せず、本契約を解除することができるものとします。

(1) 暴力的な要求行為

(2) 法的な責任を超えた要求行為

(3) 取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

(4) 風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社又はユーザー及び当社又はユーザーの関係者の信用を棄損し、又は業務を妨害する行為

(5) その他前各号に準ずる行為

5. 当社又はユーザーが、本条各項の規定により本契約を解除した場合には、その相手方に損害を生じても何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、かかる解除により当社又はユーザーに損害が生じたときは、本契約を解除された当事者はその損害を賠償するものとします。

第15条(本サービスの提供の停止等)

1. 当社は、本サービスの提供に必要な設備の保守その他の事由により当社が本サービスの提供を停止する必要があると判断した場合、ユーザーへ予告することなく、本サービスの提供を停止することができます。

2. 当社は、事前にユーザーへ通知することにより、本サービスの提供の全部若しくは一部を停止し、又は終了することができます。ただし、当社が直ちに本サービスの停止若しくは終了をしなければならないやむを得ない事情があると判断した場合には、この限りではありません。

3. 当社は、本サイトの運営に関する権利を第三者へ譲渡することができます。当社が本サイトを第三者に譲渡した場合、ユーザーは譲渡先の第三者の定めに従うものとします。

第16条(免責)

1. 当社は、天災地変、戦争、暴動、内乱、テロリズム、感染症、法令の制定、改廃、公権力による命令、処分、争議行為その他の不可抗力に起因してユーザーに生じたいかなる損失についても一切の責任を負わないものとします。

2. 当社は、本サイトの内容に関する欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了及びそれらが原因で発生したユーザー又は第三者の損害に対し、一切の責任を負わないものとします。

3. 当社は、本サイトの内容、ユーザーによって送信される情報及び同情報のリンク先が提供するサービスの合法性、完全性、信頼性、正確性について責任を負わないものとします。

4. 当社は、当社が提供する本サービスに関し、ユーザー間又はユーザーと第三者との間で生じたトラブルに関して、一切の責任を負わないものとします。

5. 当社は、本サービス提供のためのシステム障害等による電子メールの遅配、未配、本サイト上の誤表示及びそれ以外のいかなる原因に基づき生じた損害についても、賠償する義務を一切負わないものとします。

6. 当社は、本サイトに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、終了及び本サイトを通じて提供される情報等の消失その他本サイトに関連して発生したいかなる損害についても、一切の責任を負わないものとします。

7. 当社は、理由、時期などを問わず、本サイト又は本サービスの内容を変更できるものとします。

第17条(準拠法及び管轄裁判所)

1. 本契約に関連して生じるユーザーの一切の権利及び義務は、日本国の法律に準拠し、それに従い解釈されるものとします。

2. 本契約について訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

1. 本規約は2020年2月7日から実施します

2. 本規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本規約が適用されます


2020年5月27日 制定

2020年6月8日 改定

2020年2月7日 最終改定

運営会社

株式会社アンチパターン

株式会社アンチパターンは、「日本のソフトウェアエンジニアを憧れの職業へ」を理念に2019年7月に創業したスタートアップです。